【VR】野々原なずなの初VRはヤンデレ妹!Gカップ巨乳動画!

【作品名】『【VR】野々原なずな初VR 病ンデレ妹と変態拘束セックス』

野々原なずなのヤンデレVR

  • 【主演女優】野々原なずな(ののはらなずな)
  • 【身長】153cm
  • 【スリーサイズ】B92cm、W60cm、H90cm
  • 【カップ数】Gカップ
  • 【メーカー】SODクリエイト
  • 【レーベル】SODVR
  • 【監督】秋山メメ
  • 【動画タイプ】AV(VR)

 

漫画家としても活動しているAV女優、野々原なずなのヤンデレVR

野々原なずな本人が企画原案したものを映像化した初VR作品です。

AV女優本人が企画して原案を出すというのは他のVR作品ではなかなか見られないので、興味深い作品になっています。

 

『【VR】野々原なずな初VR 病ンデレ妹と変態拘束セックス』の見どころ

野々原なずなのヤンデレ感が出ているところ。

綺麗な顔立ちも相まって病んでる怖さ・狂気を感じましたね。

 

そもそもヤンデレとは?

あなたはヤンデレっていう言葉、ご存じだったでしょうか?

パイクライマーは勉強不足で最初見た時よく分からなかったんですね…

 

で、ウィキペディアで調べてみると、

ヤンデレとは、キャラクターの形容語の1つ。「病んでる」と「デレ」の合成語であり、広義には、精神的に病んだ状態にありつつ他のキャラクターに愛情を表現する様子を指す。
その一方、狭義では好意を持ったキャラクター(「デレ」)が、その好意が強すぎるあまり、精神的に病んだ状態になることを指す。

引用:Wikipedia

だそうです。

 

アダルトゲームや漫画、アニメなんかでよく使われているみたいですね。

ウィキペディアは本当に勉強になりますね。

また一つ賢くなってしまいましたw

 

この作品だと、妹役の野々原なずながお兄ちゃんが好き過ぎて精神的に病んだ状態になってるってことですね。

 

狂気を感じさせるヤンデレ感

野々原なずなのヤンデレVR

冒頭は添い寝でいちゃいちゃしながらおやすみ。

起きるとチュパチュパ音がして、布団の中でおはフェラ。

手が拘束されてるけど、まだ笑顔のあるいちゃいちゃモード。

 

それが、お兄ちゃんの携帯に彼女からの連絡が入ったことをきっかけに表情が変わります。

そして、電マでチンコをいじめられます。

さらにその姿を写真に撮られますw

野々原なずなのヤンデレVR

「こんな可愛いお兄ちゃんの姿は彼女さんには教えない」みたいなことを言い放つところが怖い。

まさにヤンデレ。狂気ですw

 

チンコとマンコに交互に電マ

チンコに電マを押し当てられたあとは、自分にも電マを押し当ててほどなく絶頂に。

そしてチンコとマンコに交互に電マを当てながら、コンドームを付けてもらって騎乗位で挿入へ。

 

ボリュームのあるGカップ巨乳を下から見上げる感じになるのでグッときます。

柔らかそうないいおっぱいですw

 

対面座位の密着感

野々原なずなのヤンデレVR

その後は手の拘束を解かれ、対面座位、そして正常位と流れていきます。

パイクライマー的にはこの対面座位の密着感がよかったですね。

表情もいいし、舌をベロッと出しながらするキスがエロくていいんです。

 

個人的にう~ん…と思ったところ

カンペを見てるのか、ちょいちょい視線が外れるところ。

この作品はセリフが多めだし、初VRなのでしょうがないかもしれないけど、視線がズレてなかったらもっといい作品になっていたんじゃないかなと思う。

視線がバチッと合ってるだけで没入感が全然変わるんですよね。

 

レビューまとめ

野々原なずなは2018年の11月にデビューしたばかりなので、まだぎこちないところもあるんですけど、綺麗な顔立ちとボリュームのあるGカップ巨乳はVRに向いてると思うんですよね。

漫画家とAV女優の二足のわらじを履いてるっていうのも興味深いし、漫画的なコンセプトとAVを融合してVRで具現化したら彼女の個性も引き立ちそうな気がします。

 

まあ、パイクライマーは漫画ことそんなに詳しくないんですけどね。

ヤンデレも知らなかったくらいですしw

ともかく、野々原なずなには今後も頑張ってほしいですね。

 

あと、この作品は動画の始めに「この動画は寝た姿勢で~」みたいな感じでテロップを出してくれるところが親切でいいなあと思いましたね。

こういうのがあるとベスポジで準備できるのでw

 

野々原なずなのヤンデレ感を体験したいなら!VR動画購入はこちら

 

オキュラスgoをまだ持っていないなら…

オキュラスgoレビュー!エロVR動画は巨乳好きの未来を変える!
とうとう買ってしまいました。 巷で話題のVRゴーグル、オキュラスgo(Oculus go)。 VR技術に関しては確実にアダルトジャンルが先行するだろうと思っていたのですが、エロVR動画が出た当初はあまり評判もよく...